FC2ブログ

成長する東大陸 1429~

Plane052.png

早いものでもう開発開始から30年が経つ。
かつて人口3万人台だった東大陸は、今では人口は17万人に。
沼津都市圏は膨張を続け、30年前の総人口に肉薄するまでに。

かつて平原や森だった地域には住宅が立ち並び、交通網が拡充された。

かつて森林に挟まれる小規模な町だった田本は、人口が3倍にまで増え、スーパーができたこともありマップ有数の経済圏となっている。

かつて人口700人ほどの小規模な村だった下油井村は、経済的な投資もあってか人口が増加、いまでは連結都市圏ながらマップ第2の経済圏となっている。
しかし、まだ足りないものがある。

これを言ったのは、時の沼津南区長にして最年少で沼津鉄道の東大陸開発長となった黒神勝(32)だ。

沼津地区大改造論

これまで沼津領東大陸は、数多くの市民に支えられ、
14世紀終わりごろには3万人ほどの人口であったが、
現在は5倍以上となっている。
また、未開であった西部にも鉄道が敷かれ、彼の地にも
文明が行き届くまでに至っている。

しかし、輸送実績は他国と較べると圧倒的な遅れを取っている。
敵の大西帝国はいまや1億の輸送力と年間5億$のGDPを誇り、
彼の国の軍事力をもってすれば、軽く国は滅ぶであろう。

また、昨今では東西格差も問題となっている。
地方部では、沼津や大条のような大都市に労働力を奪われ、
また経済的にも従属するような事態になっている。
これらの問題を解決するためにも、まずは、鉄道と高速道路の拡充が必須だと思う。

現在、この地域にある高速道路は沼津北区と沼北を結ぶものと、大条市中之条と春阪町を結ぶもののみであります。
これをやがては地域全域に広げ、10年後、すなわち1440年には、
沼津と栗駒~大条~橋本を結ぶ道路網を形成させる所存であります。

鉄道に関しても、現在はほぼ全ての都市を結んでいますが、
これを、200km/hの新路線を導入し、現行で8日かかる沼津~大条を、6日で、やがては4日で結ぶことも考えています。



・・・といったものだ。

またこの年、「人口増加促進法」が可決、開発量の増加が進むこととなる。

続く
スポンサーサイト



テーマ : Simutrans
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

gintetsu64

Author:gintetsu64
ゲームのほか、旅行などもやってく予定です。

戦国史Wiki・・・http://newsengokush.myht.org/

最新記事
その他
にほんブログ村 ゲームブログ シミュレーションゲームへ
にほんブログ村
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ゲーム
2846位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
シミュレーション
144位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR